F1
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キラーカーン、競馬で復活?26日デビューへ
http://sports.yahoo.co.jp/news/20080115-00000005-nks-horse.html

かつてキラー・カーンというプロレスラーが一世を風靡(ふうび)した。

190センチの長身を利用し、両手を相手の頸(けい)動脈目がけて振り下ろす「モンゴリアン・チョップ」の使い手。
その名を襲名したキラーカン(牡3、天間)が、今月末のデビューを目標に美浦トレセンで調教を積んでいる。本家がリングを去って20年。
後継者が戦いの場をターフに移して大暴れする。

 キラーカンは父マヤノトップガン、母父メジロマックイーンという、底力のある血統の持ち主だ。母マリッジギフトは中央で3勝を挙げ、うち障害で1勝。プロレスラーのように「空中殺法」もこなせる血を引いている。管理する天間師は「気性的に素直な馬」とセールスポイントを挙げた。
 昨年11月9日に美浦トレセンに入厩。ゲート試験に合格し、年明け早々のデビューを狙って調教を積んできた。だが、年末に疲労から時計が詰まってこなくなった。陣営は「成長途上で今が一番つらい時期」と判断し、無理を避けた。

 年明けに軽めのメニューを挟むと、レスラーのような驚異的な回復力を発揮した。9日には南ポリトラックで3頭併せを行い、5ハロン68秒3-12秒5をマーク。出走にメドを立て、天間師は「だいぶ持ち直してきたね。1月の4週目を目標にしたい」と決断した。今のところ26日の中山芝1600メートルでのデビューが有力視されている。

 本家からもお墨付きだ。キラー・カーン氏(60)は現在、都内で居酒屋を経営する一方、演歌歌手としても活動中。これまで「ふるさと真っ赤っか」など、4枚のCDを発売している。
「今は紅白を目指しているんだ。演歌が廃れるのは悲しいこと。日本人の心を歌いたい」と、意気込みは半端ではない。そんなカーン氏は昨年末、美浦トレセンを訪れて「2代目」と対面。「馬はG1を目指す。良きライバルだな。馬が頑張れば、お互い刺激になる」と熱いエールを送った。

 天間師は「せっかくカーンさんにも来ていただいたし、注目を集める馬。出す以上は、それなりに勝負できる仕上がりにしたい」と意気込む。その表情には、話題馬の出走だけでは終わらせまいという決意が表れていた。豪傑がターフで大暴れする日は近い。【山本幸史】

日刊スポーツ - 2008/1/15 8:39



あの新日本プロレスの往年の名レスラー、キラー・カーンの名が何故か競走馬で復活。
しかも父がマヤノトップガン、母父がメジロマックイーンという有力血統馬なのだとか。
ちなみにキラー・カーンはモンゴル人という触れ込みのはずだったが、本名は小沢正志(笑)

現役時代はあのアンドレ・ザ・ジャイアントの足を折った男として有名。
得意技のモンゴリアン・チョップは一世を風靡しましたね。
ちなみに、独特のスキンヘッドにべん髪という髪型でモンゴル人の末裔という話だったが、べん髪は満州族の髪型という事で、ここでも大きな矛盾が(笑)

引退後開店した新宿区中井の「スナックカンちゃん」ではあの尾崎豊が常連だったことで有名で、尾崎はよく絶品のカレーライスを口にしていたとか。

現在では東京都新宿区の歌舞伎町でちゃんこ居酒屋「カンちゃん」を経営。
あの巨体で店内ではホールスタッフとして自ら接客し、細やかな気配りに定評があるとか。
↓カンちゃんHP
http://kilakan.at.infoseek.co.jp/

うーん、一度行ってみたい。。。


極超音速機:マッハ5へ挑戦 エンジン燃焼実験成功
http://mainichi.jp/select/today/news/20080113k0000e040023000c.html

◇夢の極超音速機

 マッハ5の極超音速旅客機につながる小型エンジンの燃焼実験に宇宙航空研究開発機構(JAXA)が成功した。石油の代替燃料として研究が進む液体水素を燃料にしたエンジンで、燃焼実験成功は世界初の快挙。東京-ロサンゼルス間を約2時間で飛行する夢の極超音速機を目指す開発の経緯を紹介する。【関東晋慈】

 ◆02年から開発

 極超音速旅客機エンジンの開発は02年に始まった。04年、エンジンの空気導入部分がマッハ5の速度に耐えられることと、コアエンジン部分の水素燃焼実験に成功。翌年には液体水素による予冷装置の可動実験もクリアした。

 これらの成果を受け、JAXAは05年、2025年までの長期ビジョンの中に、「マッハ5クラスの極超音速実験機で、太平洋を2時間で横断できる極超音速機の技術を実証する」ことを盛り込んだ。

 これまでの実験は初歩の段階といえる。部品を実験結果に基づき改良した上、一つのエンジンに統合して行われたのが小型エンジンの燃焼実験だ。

 実験は昨年11月7日、秋田県能代市内のJAXA実験場で行われた。小型エンジンは全長2・7メートル、高さ23センチ、正面からの幅23センチ、重さ150キロ。約100秒間の燃焼で、予冷装置とエンジンが適切に起動することを確認した。ここまでの5年間の開発費は3億円。JAXA超音速機チームの田口秀之主任研究員は「予冷ターボジェット方式の極超音速エンジンの起動に世界で初めて成功し、極超音速機の実現に一歩近づいた」と評価する。

 マッハ5の飛行におけるジェットエンジンの課題は、空気導入部からエンジンに入ってくる空気が摩擦熱のため約1000度にまで上昇してしまうことだ。このままでは、材料が燃えるなどしてジェットエンジンが作動できない。

 そこで開発チームは、非常に冷たい液体水素(マイナス253度)を燃料としてだけでなく、空気の冷却にも使う両用方式を採用した。この予冷装置をエンジンの前に置く配置上の工夫もして、飛行時の抵抗も小さくさせた。

 今後はエンジンの推進力の向上と軽量化を進めていく。より大きなモデルを使い、マッハ5で飛んだ時と同じ風圧をかける風洞実験で性能を実証していく計画だ。最初の飛行実験は今年の夏ごろに実施する予定。

 ◆欧米も研究

 極超音速旅客機の開発は欧米でも進められている。米国では米航空宇宙局(NASA)の無人極超音速実験機「X-43A」が04年、太平洋上でマッハ10近い速度に達し、飛行機の世界最速記録を達成した。この実験機はスクラムジェットエンジンを搭載していたが、これはマッハ5以上にならないと作動しない。そこで、加速時には燃費の悪いロケットエンジンを併用する必要があった。ただ、ロケットエンジンは加速が急なため、訓練を受けた人でないと乗れないという。

 一方、JAXAが燃焼実験に成功した予冷ターボジェットエンジンは、離陸からマッハ5まで連続して作動する。燃料に液体水素を利用するため、二酸化炭素を全く排出せず、環境への負担が少ないことも大きな特長だ。現在のジャンボジェット機などでは、東京-ロサンゼルス間の9時間の飛行で化石燃料であるジェット燃料約40トンを消費。約136トンの二酸化炭素を排出するという。

 予冷ターボジェット方式は、米国や欧州でも精力的に研究が進められているが、実際のエンジン開発には至っていない。

 田口主任研究員は「われわれのエンジンが極超音速旅客機の最有力候補と考えている」と自信をみせる。

 ◇東京-ロス2時間

 ◆実現には数千億円

 マッハ5の極超音速旅客機が実現すれば、東京-ロサンゼルス間は現在の約5分の1の約2時間で飛行できるようになる。

 極超音速旅客機はまず、離陸から約10分かけて加速し、高度約25キロの成層圏内に達する。現在のジェット機は高度約10キロの同じ成層圏を飛行するが、より空気抵抗の少ない上空を飛行。マッハ5に達して巡航を約1時間半続ける。その後、徐々に減速し約10分で着陸する。

 旅客機の形は、マッハ5という高速で飛ぶことによる風圧に耐えられるよう先端の面積をできるだけ小さくした。さらにエンジンなどを搭載するスペースが巨大になるため全長も長くなる。そのため定員は約20人程度になる構想だ。しかし、実現には少なくとも数千億円規模の費用がかかるという。

 JAXA総合技術研究本部の坂田公夫本部長は「90年代に一度冷めた夢物語にまじめに取り組んでいる。最も難しいエンジン開発が順調に進み、5年後には有人飛行が可能になる技術は集積できるはずだ」と話している。

毎日新聞 2008年1月13日 14時36分




日本のJAXA(宇宙航空研究開発機構)が、液体水素を使ったマッハ5航行が可能な飛行機のエンジンの開発に成功したとか。
水素なので燃焼しても水しか出さない為、全くのクリーンエンジン。
5年間の開発費3億円てのは安すぎると思うけど、数千億円かけて実用機体作っても乗れるのは20人というところもすごい。
その辺は実用化が進めば何とでもなるんだろうけど、コレ、最初に乗る人は怖いだろうなぁ。。
あのアムロだって、ビグロの高速移動で気を失ってたし。。

東京ーLA間2時間だと、東京ー大阪間は10分ぐらいだろうか(笑)
音速の5倍のスピードなんて、想像もつかない。
久々に夢のあるニュースだけど、ちょっと怖いような気も。
リニアモーターカーの二の舞にならないことを望みます。


謹賀新年2008
新年、と言ってももうすでに6日なわけですが。。

このブログを見てくれているありがたい方、本年もまったり更新ですがよろしくお願い致します。
2007年は、何かと大変な年でしたが。。
今年は平穏に暮らせるといいなと思っております。


F1の方は、その後特に目立ったニュースは無いようで、アロンソの古巣ルノー入りが確定した事ぐらいかな?
スーパーアグリF1は今年も佐藤琢磨&アンソニー・デビッドソンのコンビで行くよう。
ホンダのバリチェロはパトレーゼの最多出場記録を追い抜くのは確実でしょう。
個人的にはインド初のF1チーム・フォースインディアに注目かな。

それと、笑ったのが「シューマッハTAXI」事件。
以下詳細↓
http://response.jp/issue/2007/1212/article103116_1.html

昨年F1から引退した、7度のチャンピオンに輝く「史上最強のドライバー」、ミハエル・シューマッハ(38歳)が、なんとタクシーを運転した。

現在スイスに居住するシューマッハだが、先週土曜日、ドイツのコバーグ郊外にある街に、家族を連れて新しい子犬を受け取りに行った。コバーグまでは飛行機で、そこから30km離れた街へはタクシーを利用した。

ところが犬を受け取った後、帰りの飛行機の時間に間に合うかどうか、というタイミングになってしまった。シューマッハ一家が乗ったタクシー運転手、タンサー・イルマッツさんによると、シューマッハは非常に丁寧に、「自分に運転させてもらえないだろうか」と頼み、イルマッツさんが了承するとハンドルを握った。

その運転ぶりは、「コーナーをフルスロットルで回り、信じられない技術」だったという。

通常の料金に加え、100ユーロのチップを受け取った上に、世界的ドライバーの運転を目の当たりにしたイルマッツさんは非常にご満悦だとか。

シューマッハ側でもこの話を認めているが、一般人がタクシーを運転するのが合法かどうかは、ドイツの司直に委ねられることになりそう。


はははは。。
100ユーロといったら約¥16000。
これ、口止め料だと思うんだけど、そりゃ喋っちゃうよねぇ。。

その後、シューマッハが取調べを受けたとか、このtaxiが売りに出されたとかの続報もありましたがどうなったんでしょう?
「新しい子犬を受け取りに家族でスイスからドイツに」ってあたりがシューミーの人柄が現れていて良いですね。

今年もフェラーリF1のテストには参加する模様。
去年は現役F1ドライバーを全て負かしトップタイムをマークしてしまった皇帝ミハエル・シューマッハ。
今年もどれだけ話題を振りまいてくれるか。。

乞うご期待。

アロンソ、古巣ルノーへ! チームメイトはピケ
http://sports.yahoo.co.jp/f1/article?a=20071211-00000001-rcg-moto

ルノーF1は、2008年のドライバーラインナップとして、フェルナンド・アロンソとネルソン・ピケJrを起用することを発表した。
 ルノーのスパイ容疑に関し、FIA世界モータースポーツ評議会より処罰なしとの裁定が下った4日後、アロンソの同チーム復帰が正式発表されることとなった。
 今回の契約発表に際し、ルノーF1チームマネージングディレクターのフラビオ・ブリアトーレは次のようにコメントしている。
「フェルナンドとネルシーニョは、2008年のドライバーラインナップの中で最強のひとつとなるだろう」
「フェルナンドをチームに再び迎えることになり、喜ばしい。彼は我がチームで素晴らしい成功を成し遂げている。彼のドライバーとして、そしてチームリーダーとしての能力は誰もが認めるところである。我々が再び共に強力なパートナーシップを形成することを期待している」
「さらに重要なことに、彼はチームのこと、チームの機能の仕方について知っている。こういった状況の下、彼はすぐにチームになじむだろう」
「ネルシーニョはモータースポーツの世界で最も期待されている才能ある若手のひとりだ。GP2で成功を収めた後、1年間にわたり我々のテストドライバーとしてF1のコツを覚え、チームへの理解を深めてきた。彼は今や次のレベルにステップアップする準備が整った」
 チーム代表のベルナール・レイは、チームの復活には強力な布陣が必要だったと語っている。
「チーム全体が、この数カ月、トップへの返り咲きを目指し、全力で作業にあたってきた。我々の目標達成のためには、トップレベルのドライバーラインナップが必須だった」
「最近の技術投資、フェルナンド・アロンソの復帰、ネルシーニョ・ピケの昇格、これらすべてが、来年第一線に復帰しようという我々の意思を示している」
 また、ルノーは、テストドライバーとして、今年F3ユーロシリーズのタイトルを獲得したロメイン・グロージャンと契約したことも併せて発表している。彼はルノー・ドライバー・デベロップメントのメンバーだ。
 チームの2008年型車、ルノーR28は、1月22~24日にバレンシアでのテストで初走行する予定。マシンの正式発表は、パリのルノー広報本部にて1月31日に行われる。

[オートスポーツWEB 2007年12月11日]



ついに前王者アロンソがルノー入り!
聞けば、先日までルノーに規定違反疑惑があったので、巻き沿えを食ってはたまらないと今まで様子を見ていたそうで。。さすが賢いというか、したたかというか。
これでアロンソのホンダワークス入りという夢のプランはあっさり消滅。

チームメイトは3度世界を制したネルソン・ピケの息子・ピケJr。
下位カテゴリー(GP2)ではハミルトンとトップ争いをしてたそうだからこれまた楽しみな逸材だ。あれほどルノーに貢献してきたフィジケラはあっさり放出され、今は新チームのフォース・インディアに入れるかどうかという状況。やはりF1の世界は厳しい。。

懸案だった契約年数も無事2年契約が成立した模様。
さすがに1年契約ではムシが良すぎでしょう。
2年後のフェラーリ入りは果たして実現するのだろうか?
あるいは同じく2年後、元フェラーリの敏腕エンジニア・ロス・ブラウンの加入によって甦ったホンダ入りなんていう可能性も考えているのかも?

彼が今、一番恐れているのは新人のピケJrが自分よりも速くなってしまいマクラーレン時代と同様、チーム内での求心力が無くなってしまう事では?

まさかとは思いますが。。
そうなったら本当にF1も世代交代だな。

頑張れアロンソ。
そして。。ピケJr&ハミルトン!

F1 アロンソの行方
元マクラーレンのチャンピオン・アロンソの行方が未だに決まらない。

2009年からのフェラーリ入りを密かに狙っている為、必然的に今年一年の契約の希望。
しかしそれではどこのチームも同意しない。。

現在選択肢として考えられているチームは、ルノー、トヨタ、ホンダ、BMW、レッドブル。
そのうち来季のドライバーを発表していないのは古巣ルノーだけだが、さすがにアロンソに1年の仮住まいを提供して翌年には最大のライバル(フェラーリ)に彼を引き渡すなどといったことは望んでいない、とコメント。
レッドブルもさすがに一年契約ではチョット。。という話になっているようだ。

ホンダはすでにジェンソン・バトンとルーベンス・バリチェロの従来通りのラインナップを決定。
そしてそれはトヨタやBMWも同じこと。

トヨタに関しては、F1の下位カテゴリー・GP2王者のティモ・グロック加入が発表されたばかりで、ヤルノ・トゥルーリも来季シートが確定しているが、今の状況だとトゥルーリの立場がもしかすると一番危ういかもとか。

今まであれほど貢献したのに、それがあっさり覆されてしまうのがF1。。。

さて、どうなるか。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。