F1
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1混乱必至!モズレー会長“SM騒動”で退陣濃厚→ライコネン、モズレー非難に冷めた視線
http://sports.yahoo.co.jp/f1/article?a=20080408-00000015-sanspo-spo

F1混乱必至!モズリーFIA会長“SM騒動”で退陣濃厚
2008/4/8 8:02

 ナチスドイツが強制収容所で行った拷問をまねたSMパーティーに興じている写真を英紙に掲載され、辞任を求める声が高まっている国際自動車連盟(FIA)のマックス・モズリー会長(67)=英国。本人は会長続投に強い意欲を示しているが、6日には続報でさらなる醜態を報じられ、退陣が濃厚になった。モータースポーツ最高峰のF1では会長の意向による規定改定を来年に控え、GP開催への影響は必至だ。

 世界130カ国、222の組織を束ねるFIAの会長をめぐる前代未聞の不祥事。会長が自己弁護のために招集を求めた臨時総会は今月中にも開かれる見込みだが、呼ばれる側の各国自動車連盟からは辞任を求める声が続出。約2億円の経費がかかるという総会の開催にも反対の声が多い。

 1993年の会長就任から4期目を迎え、“独裁者”の悪名高いモズリー氏だが、F1では数々の改革を断行。予算問題では小規模なチームの参戦を促して2006年のスーパーアグリ参入を実現したほか、同年には交通安全に最も寄与した組織としてブリヂストンを表彰するなど、日本でもおなじみの敏腕会長だ。

 F1では開発費高騰を抑えるため、すでにエンジン開発を凍結し、来季は自ら推進してきた環境に優しい新規定も導入される。空力性能が実用車とかけ離れたF1は市販車開発へのメリットがないとして、“低性能化”も予定。技術力をアピールしたいメーカーの反対にも、独裁者ならではの指導力を発揮してきた。改革半ばで辞任となれば、混乱は必至だ。

 「個人の趣味でとどまるべき合法行為が、違法な取材で暴かれ、辞任を求められるのは筋違い。すでに70の連盟と団体が私を支持している」と主張する会長に、BMWとメルセデスや各国連盟は反発。「事件が長引けばF1の権威が失墜し、興行収入にも影響する」と懸念し、続投しても混乱は避けられない状況だ。

 元大臣で、のちに英国ファシスト連合を設立した父と、社交界の華として著名な母を持ち、自身はオックスフォード大を卒業して弁護士に。エリート社会では“英国のヒトラー”と悪名高い父の影に悩まされたが、レース界では家庭環境に触れられることもなく、「レースの世界だけが安住の地だった」と語っていたモズリー氏。「安住の地」は永遠に失われ、F1も迷走を余儀なくされようとしている。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ライコネン、モズレー非難に冷めた視線

http://sports.yahoo.co.jp/f1/article?a=20080406-00000008-fliv-moto
2008/4/6 19:37

現在のタイトル保持者であるキミ・ライコネン(フェラーリ)が、4日(金)、広がりつつある国際自動車連盟(FIA)会長マックス・モズレー批判の輪に加わることを拒否した。

売春婦と関係し、ナチスをテーマにしたといわれる趣向が盛んに報道されたことにより、モズレーが築いたF1や自動車産業での基盤が腐り、崩れ落ちてしまった今、サヒールのパドックでは、モズレーを非難しないライコネンの意見は少数派だ。

『Mirror』紙が、次のようなライコネンの言葉を引いている。「彼の私的な生活の話で、彼が自分でしたいと思うことは何でもしていいんだし、僕には関係ない。誰にとっても、首をつっこむようなことじゃない」

F1に参戦するドイツと日本の自動車メーカーがモズレーの一件から距離を置いている一方で、他のチームはこれまでのところ、その態度にならってはいない。

レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、金曜、FIAの緊急集会についての予想に「コメントするのは不適切」だと話している。

また、フェラーリのステファノ・ドメニカリはこう付け加えている。「当分の間、いかなる発言もしないのがいいだろう。ただ、今回のことは役割と責任の問題だとは思うがね」

「誰にも役割があって、それにつながる責任がある。そういうことだよ」とドメニカリは語った。

[ 2008/4/6 19:37 更新 ]

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


盗撮によるプライベートでの乱痴気騒動がFIA会長辞任騒動にまで発展してしまった「独裁者」マックス・モズレーの一件に「アイスマン」ライコネンが私見を述べる。

さすが「我関せず」の我が道を行くライコネン。
事実上、数少ない擁護派だが、果たしてモズレーの行方や如何に。。。




スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。