F1
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初ドリアン
少し前に、生まれて初めてドリアンという果物を食べてみた。

先日、タイの知人が遊びに来た時に、そこの奥様が「果物の中で一番好き」と言っていたのがドリアンだった。
果物天国のタイの奥様が一番に名前を挙げたドリアン、さすが「果物の王様」である。
昔、アメ横でトゲトゲのドリアンを見つけ、好奇心で匂いを嗅いでみたのだが、その時はそんなに大した匂いでは無かった気がする。店員はかなり嫌な顔をしていた。

本場タイでは「レストラン入り口に『ドリアン持ち込みお断り』と書いてあった」だの、「う○この臭いがして、吐き気で二度と食べたくない」だの散々なドリアン。

見ると、ぐるぐる巻きにされたラップの中に、皮を剥いたバナナのようなモノが横たわっている。中には種のようなものも見える。
ラベルには、タイ国産であるという事と、煮ているので匂いがある事、それとアルコールと一緒には食するなとの注意書きがある。何故アルコールと一緒だとダメなのかさっぱりわからないが、わざわざ「臭い」と書いてあると、余計に好奇心がそそられる。で、以前の「大した匂いではなかった」という気持ちもあり、早速ラップを解いて匂いを嗅いでみる。。。

「ヴッ!!」

「こ、これは。。。」

とっさにそれを遠ざける自分。しかし、その強烈な匂いはすでに部屋中に充満し始めていた。
どう表現すればいいのか。。
匂いがどうこうの問題ではなく、匂いがカタマリとしてそこにあるというか、匂いの強さそのものがキョーレツな感じなのだ。。
この匂いをあえて例えれば、「腐ったタマネギの匂い」だろうか。インドの匂いとはちょっと違う。あれは「発酵した、し尿の匂い」だ。

しかし、ドリアンはここで終わりでは無い。
ドリアンは「匂いは殺人級だが、味は信じられないぐらい美味」という何とも摩訶不思議な果物なのだ。その真価は、匂いにめげず食した者にしかわからない。あのキョーレツな匂いを発するモノを口に含むのはかなり勇気が要ったが、ええいままよと思い切って食べてみたところ。。。

んん??。。。ほんのりと甘い。。。。気がする。薄味のバナナのような。。意外にも、一旦口に含んでしまえば、思ったより匂いは気にならない。でも味がよくわからずモグモグやってみる。
しかしもし食している最中に思い切り呼吸をしてしまうと涙目になりながら「ヴエッ!!」という断末魔の声を発してしまうらしい。
ドリアン被害には、このパターンが多いと聞く。
それはヤバイと本能でわかりそうなものなのだが。。

で、自分は呼吸を止めつつ何度か食してみたのだが、やはり一度煮てしまってるからかエキスが出てしまっているようで、ほんのりと甘い味しかわからない。先日のタイの奥様は、「匂いが出始めたらダメ、食べ時に食べるドリアンは本当においしい」と言っていた。
確かに、果物は食べ時が一番大切だ。
それにしても、ラップぐるぐる巻きの意味も、レストランの「ドリアン持ち込みお断り」の意味も、やっとわかった。
翌日も、口の中やゲップが生ゴミ臭かった。

アメ横で見たドリアンは小さかったが、本場のものは50センチぐらいはあるらしい。早く本物のドリアンを食べてみたい。
だって、このままではドリアンは私の中で、「生ゴミの匂いの王様」になってしまう。

それはドリアンに悪い気がする。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gp1gp.blog117.fc2.com/tb.php/49-828da0e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。