F1
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7戦 アメリカGP デビッドソン躍進

2007/7/14(土) 午前 0:25
6月17日(日)
晴れ ドライコンディション

ルイス・ハミルトン、2戦連続のポール・トゥ・ウィン!
フェルナンド・アロンソとの超接近バトルを征して2連勝。

オーバーテイクやバトルが多く、結構面白かった!

スタートすぐのコーナーで数台が接触、ラルフ・シューマッハがリタイヤ、すぐにイエローフラッグが出てその間にデイヴィッド・クルサードとルーベンス・バリチェロもリタイヤ、そしてジャンカルロ・フィジケラの単独スピンなどがありイエロー開け(3周目)佐藤琢磨は15位。

7周目、佐藤琢磨はスコット・スピードをオーバーテイク。しかし13周目、琢磨にピットストップのペナルティ(イエローフラッグ中のオーバーテイク?)が出ている中で、琢磨14周目にスーティルをオーバーテイクしたがそのままオーバーランでリタイヤ。今回も状況的にポイント獲得もしくは1桁順位でのゴールの可能性もあっただけに残念。そしてペナルティは次戦に持ち越しか。
琢磨は「イエロー中にはやってない」と発言。

キミ・ライコネン、スタートでニック・ハイドフェルドとヘイキ・コバライネンに抜かれ、レース前半は6位を走行。

後半はマクラーレンとフェラーリのチームメイト同士のバトル勃発!
 マクラーレン - アロンソが38周目のストレートでハミルトンのスリップストリームに入りコーナーでのブレーキ勝負でハミルトンの絶妙のハンドリングで追い抜きができず、僅差のままゴール。
 フェラーリ - 後半、フェリペ・マッサとライコネンの超接近バトルが続いたが、ライコネン最後までマッサを抜くことができず3位、4位でゴール。

ジェンソン・バトンがなんと、67周目にアンソニー・デビッドソンにオーバーテイクされてしまう。
本家ホンダ、それは本当にヤバイのでは。。


尚、セバスチャン・ヴェッテルが、デビュー戦を入賞(8位)で飾った。

第7戦アメリカGP決勝結果:GPUpdate.net
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time
1 L・ハミルトン マクラーレン 1:31:09.965
2 F・アロンソ マクラーレン + 1.518
3 F・マッサ フェラーリ + 12.842
4 K・ライコネン フェラーリ + 14.422
5 H・コヴァライネン ルノー + 41.402
6 J・トゥルーリ トヨタ + 1:06.703
7 M・ウェーバー レッドブル + 1:07.331
8 S・ヴェッテル BMW + 1:07.783
9 G・フィジケラ ルノー + 1 laps
10 A・ブルツ ウィリアムズ + 1 laps
11 A・デビッドソン スーパー アグリ + 1 laps
12 J・バトン ホンダ + 1 laps
13 S・スピード トロロッソ + 2 laps
14 A・スーティル スパイカー + 2 laps
15 C・アルバース スパイカー + 3 laps
16 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 5 laps
17 V・リウッツィ トロロッソ + 5 laps

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gp1gp.blog117.fc2.com/tb.php/41-8404a2a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。