F1
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラーイラスト


2007/4/10(火) 午前 10:48

最近はカラーを描く事が多くなってきて、先日は何故かポケモンを描いた。
使用ソフトは主にフォトショップとペインター。

今まではフォトショップが多かったのだが何か仕上がりがデジタルっぽいし、いちいち選択範囲やレイヤーを作ったりしなければならないのがどうも自分の感性に合っていない気がしていたので今回はペインターで塗ってみた。
結果。。。こんなにラクだったとは(笑)

ペインターは以前に少しだけ使った事がある。
赤いユーノス・ロードスター。

窓まわりがどうもうまくいかず、そこだけフォトショップのグラデーションで仕上げ。
あとはハイライトの光も。
このときは時間も迫っていたし、失敗できなかったのでぶっつけ本番で使ってみたのだが、結構うまくいってしまった。
このときは、ペインター最大の売りである水彩モードが、勉強不足でまだ使えなかったため通常のブラシで描いたのだが、今思うと水彩ナシでどうやって描いたのだろう?と思うぐらいちゃんと描けている。
きっと切迫感がそうさせたのだろう。
今ではたぶん無理(笑)

先日初めて使ったペインターの水彩モードは中々興味深いものだった。
乾燥も出来るし、時間経過による水のにじみ、端に溜まる水たまり、色混ぜも出来るのだ。
はみ出しても簡単に消せるし乾燥機能があるので、つまり選択範囲、レイヤーがいらない。
全く要らないわけではないのだが最小限で済むのでルーズな自分にはぴったりなのである。

残念なのは、選択範囲がなげなわしかなかったり、どうかすると画面がずれたり。。
やはりソフトとしての出来や、ツール類の種類・便利さ・操作性は断然フォトショップの方が上だ。

先日はやっとマスクなるものを覚えた。
これでかなり時間短縮が出来る。
そして指先ツールと覆い焼きツール。
カラーの仕上がりの見栄えが断然良くなった。
他にもブラシの設定など、色々小技を覚えた。

フォトショップ形式(psd)とペインター形式(Riff)は相互に互換性があるのでとても便利。
と言っても、レイヤーや保存の解釈の違いで随分と貴重なデータを喪失してしまった。
出来れば一つにまとめたソフトがあればモアベターなのですが。。

それは望みすぎと言うものか(笑)

あとは、イラストレーターをもっと勉強せねば。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gp1gp.blog117.fc2.com/tb.php/32-a5a4ca56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。