F1
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランボルギーニ・ウラッコ
2006/1/21(土)

ヤフーオークションに現在、ランボルギーニ・ウラッコが出品中。
230万円ポッキリで一発落札。

色はイエロー、程度極上、パワーウインドウ、純正アルミ、本皮、V8エンジン搭載のP250ウラッコ。

フロントウインカーレンズ社外品、ラジエター錆や腐れ有り(アルミ板で補修)、助手席側シート一部破れ有り。助手席側パワーウィンドー不良、細かい補修跡有り。。。
やはり極上でしょう、この程度なら(笑)

惜しむらくは前後バンパー欠品という事か。
エアコンは効かないが部品はあるそうで、
エンジンはなんと一発始動だという。

先日会ったミウラの人は、ランボV8はやめておいた方がいいと言っていた。
やはりランボはあくまでV12メインのメーカー、ベイビーランボルギーニたるガヤルドがV10になってしまった今、もはやランボV8エンジンは過去の遺物と言ってもいい存在なのである。

ウラッコの素晴らしいところは、V8、ミッドシップでありながら4人乗りなところだ。
ポルシェだって6気筒のRRでやっと+2シートだ。
しかもあれは水平対向エンジンだ。
V8、V型、ミッドシップで+2シーター。
ガンディー二デザインと素晴らしいパッケージングの妙。

前に出たシルエットは350万円ポッキリだった。
シルエットは全世界でわずか52台しか作られなかったという超貴重車なのだ。
(その割には今まで5回ぐらい売り情報を目にした事がある)

あの、イタリアンレッドのシルエットは今、どこにあるのだろうか。。
前に海外サイトに出てたシルエットには600万円のプライスタグが掲げられていた。

4人乗りのベイビーランボルギーニ。。
誰か知り合いが買ってくれないかな(笑)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gp1gp.blog117.fc2.com/tb.php/3-27c96484
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。