F1
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年F1総括

2006/10/30(月) 午後 5:57

シューマッハ、最終戦ブラジルGPで奇跡。。。どころか、悪夢のタイヤバースト。。
それでも、決してレースを諦めず、怒涛の追い上げで4位入賞。。。
あの偉大なるチャンピオンでもどうしても不可能な事があるということ、そしてそれでも諦めない強い意志。。
結果論だが、予定調和の結末でなくて良かったのかも知れない。
シューマッハから、色んな事を学び、考えさせられた最終戦のレースだった。

来期、左近はスーパーアグリには残れなさそうだ。。
専らの噂は、琢磨&アンソニー・ディビッドソンのコンビ。
まぁ、左近は今季結果を残せなかったし、しょうがないよなぁ。。
しばらくはまだ苦戦が続きそうだが。。
スーパーアグリの、更なる躍進を願って止まない。

シューマッハがペレから引退記念トロフィーを受け取っている時に、一人だけその場にいなかったライコネン。
『いったい何をしていたのですか!?』とのインタビューアーの問いに、

『あ、ウ○コしてた。』

放送局には苦情が殺到、生放送だったもんで、誰も止められなかったらしい。
来期、フェラーリのエースドライバーは果たしてこの男で大丈夫なんだろうか。。???
マッサも着々と実力を付けているし、アロンソとの若きライバル対決も楽しみだ。

来年も。。
F1から目が離せない。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gp1gp.blog117.fc2.com/tb.php/18-ab9d000e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。