F1
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀田の試合

2006/8/5(土) 午前 3:34

先日の亀田の試合、締め切り前だったので音声でしか聞けなかったのだがやっと映像で見れた。
亀田批判が高まってるから便乗。。というわけではないのだが、今までのTV放送での亀田兄弟&親父の態度、TBSの偏向報道を見ていて、金か、女か、暴力事件か、人気の無くなった引退後かもしれないけど、どのみちその内必ず何かで問題を起こすだろうな、と思っていたので、ああ、やっぱりなという感じ。世間やTVの対応もホリエモンの時と同じ。


所属ジムの事、ブラックな繋がり、ジャッジの買収。。などいろいろ言われてるけど、今回、自分の中で一つだけわかった事がある。それはボクシングというジャンルの位置付けだ。
それは、自分なりにずっと答えが出なかった事でもある。
果たして、ボクシングは格闘技なのか、それともスポーツなのか。。。。
長年、そのどちらに入れるのにも違和感を感じていた。

格闘技。。。これは広範すぎてなかなか定義付けが出来ないんだけど、自分としてはやはり格闘技は最強を目指すものであって欲しいと思う。
弱くても強いものに立ち向かう精神を持ったもの。。
金、名誉、称号、格闘家も生活してかなくちゃいけないんだから、色々あるのはしょうがないと思うが、せめて精神だけでもそうあって欲しい、と思う。

ではスポーツとは。。
これも広範すぎて定義付けしようがない気がするがやはりボクシングをスポーツと呼ぶのはどうしても違和感がある。だって殴られ続けた対戦相手が死ぬ事だってあるんだし。

ではボクシングとは。。
亀田戦を見終わって思ったのは、これでは軍鶏の喧嘩のようなものではないか。。という事だ。
12Rを戦ってる時興毅の疲れ果てた、うつろな目をしながらも戦い続けてる姿。。
そこに嘘は無かった(と俺は思いたい)。
周りが戦いをけしかけ、試合中に出血をしようが、体力の限界を通り越そうが、休む事を許されずただひたすら戦う事を強要される。。
それはとてつもない残酷ショーのように思えた。
もちろん本人もそれをわかってやってるんだろうが、俺は試合後のリング上の様子を見ながら一体この黒幕は誰なのかという事をぼーっと考えていた。

興毅本人は恐らく知らなかっただろう。
オヤジは。。多分知ってはいただろうけどそんなに詳しくは知らなかったのではないかという気もする。
疑惑の判定をしたジャッジはもちろん買収されてたんだろうが、どうしても断れなかった状況だったのかもしれない。
ジャッジに責任をなすりつけるより、もっと大きな問題はそれを持ちかけた人間だろう。
対戦相手に同情する声がベネズエラ大使館に多数寄せられてるとの事だが、俺は対戦相手とも何らかの取引があったのでは。。とも思ってしまう。
対戦相手を見てて思ったのは、『こいつ、本当はもっと強いんじゃ。。』という事だった。終盤、ラッシュをかければ明らかに倒せただろうにラッシュをかけず、チャンピオン獲りへの執念が感じられなかった。。
それは明らかにおかしい気がした。体力もまだ全然ありそうだったし。

TV的にはまず結果ありきだったのだろうと思う。
つまり八百長。
格闘技のジャンルでK1などに負けてるという思いもあったと思う。
詳しいシナリオを書いた人間もいるだろう。
最後、判定が割れたシーンがジャッジだけの独断だったとはやはり思えない。
今回の試合では、選手の素行の悪さなんていう小さい問題ではなくもっと大きな、利権の構図が見えてくる気がする。

思うに素の亀田兄弟はそんなに悪い奴なんじゃないかと思う。
一番下の弟などシャイで、そのまま育ったらいいのになーとも思う。
興毅にしても、まだ19才だから、いきがってしまうのもしょうがないかもとも思う。

では黒幕は。。それをとりまく大人。。
もしかしたら団体そのもの。。
そして絶対に表に出てこないであろう利権の構図。。

亀田本人も、言ってみれば被害者なんでは、と今回の騒動を見てて思ってしまった。

もし亀田3兄弟たちがこの騒動の真実を知ったら、きっと亀田家は分裂してしまうだろう。
それでもオヤジに付く者、離れて行く者。。
何か大きいものが崩壊した時に連綿と繰り返されてきた、格闘技界の負の構図。
それがまた、繰り返されないように願いたいのだが。。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gp1gp.blog117.fc2.com/tb.php/14-55a89667
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。