F1
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1第17戦 最終ブラジルGP
10月21日(日)
晴れ/ドライコンディション
 
 1986年以来、21年ぶりに三つ巴のタイトル争いとなった最終戦、サーキットは路面温度63℃(!)のドライコンディション。
いよいよF1最終戦、ハミルトン、アロンソ、ライコネン、そしてマッサの戦いもやっとここで雌雄を決する。
前半~中盤にかけハミルトンが独走し、ほとんどチャンピオンは決定したかと思っていたシーズンが、まさかここ最終戦でここまで僅差でもつれるとは。
これだからF1は面白い。
 
ポールポジションはフェラーリのマッサ。以下ハミルトン、ライコネン、アロンソ。終盤で急にフェラーリが速くなってきた。
スタートで、3番手ライコネンがハミルトンをかわして2番手に浮上。さすがに気合が入っている素晴らしいスタート。
さらに1コーナー、ハミルトンが膨らむ!らしくないミスをアロンソは見逃さずうまくパスしてアロンソが3番手へ。
オープニングラップ終了後、ハミルトンは何と8番手までポジションを下げていた。
さすがのハミルトンも緊張しているのか。どうしたハミルトン。

マッサ、ライコネンのワン・ツー体制となったフェラーリは、互いにファステストラップを更新しながら、アロンソを引き離していく。
何故かアロンソのペースが全然上がらない。。
どうしたアロンソ、もう後が無いぞ。
そして8周目、何とハミルトンのマクラーレンが突然のスローダウン!
一時走行不能となり、そのまま18番手まで順位を落としてしまう。数周後にも同様のトラブルが発生(後にギアボックスの不調と判明)、なんとかペースを取り戻したハミルトンは、ここから頑張って前を目指す。
最終戦でついにF1デビューを果たしたウィリアムズの中嶋一貴は順調に周回を重ね何と先輩・佐藤琢磨をオーバーテイク!
しかしその後ピットストップでタイヤをロックさせ、ピットクルーを思いっきりはねてしまう。
クルーは救急車で運ばれ無事だったようだが、さすがの強心臓の持ち主もF1デビュー戦のプレッシャーは強かったか。
 
コース上では、相変わらずアロンソのペースが上がらない。。。
33周目、何とBMWのクビサにもかわされてしまった。どうにもアロンソは時にムラがあるように感じられてならない。やはり精神コントロールの点ではハミルトンが一歩上手か。
そしてライコネンがピットストップ作戦でついにマッサを抜き、この時点では暫定1位に!
しかしアロンソ、ハミルトン共に追い上げてきており差が1ポイントしかなく予断は許さない状況。
ハミルトンは諦めずに前を追い何と7番手まで浮上。
しかしライコネンは何度となくアツく激しい走りを見せ、他の追随を許さずついにトップでチェッカー!
すごい!!

同僚マッサも2位に入り、フェラーリがワン・ツーフィニッシュ、3位アロンソ、ハミルトンは7位でチェッカー。
4位は自己最高位のウィリアムズのニコ・ロズベルグ、5位BMWザウバーのクビサ、6位ハイドフェルド、7位ハミルトン、8位がトヨタのヤルノ・トゥルーリ。
日本人ドライバー最年少でF1初出走を果たしたウィリアムズの中嶋は10位完走、SUPER AGURI勢は佐藤琢磨12位、アンソニー・デビッドソン14位完走、Hondaのバリチェッロ、バトン、スパイカーの山本左近はリタイア。バリチェッロはF1参戦15年目にして初のノーポイントという事で、もう引退かもなぁ。。
ライコネンは最大26ポイント開いていたハミルトンとの差を大大大逆転し、ドライバーズポイント『110』で初のワールドチャンピオン決定!
アロンソとハミルトンが『109』ポイントと、わずか1ポイント差の攻防が繰り広げられ、息が詰まりそうだった。。。
上位3ドライバーが1ポイント差以内でシーズンを終えたのは、F1史上初なのだそうだ。

表彰台で涙を見せ、後日「うれしすぎてどうにかなりそうだ」とのコメントを出したライコネン。。あの、感情を出さず『アイスマン』と呼ばれた男が。。

以下ライコネンのコメント(抜粋)↓

「うれしすぎて、どうにかなりそうだよ! 子供の頃からの夢が叶ったんだ。初めてサーキットに行ったのは7歳の時だった。それから22年経って、お気に入りのサーキットがいくつもできたけど、インテルラゴスが一番大事なサーキットになったよ。家から5000km以上遠いんだ!」
「日本GPが終わった時、17ポイント差になってチャンスは消えたようにも見えた。でも僕たちは諦めなかった。奇跡を信じてたともいえる。最終戦は本当に興奮ものだったよ。」
「最高のレースだったし、これまで走っててあんな感情を味わったことはなかった。何もかも思い通りになって、天使が誕生日プレゼントをくれたみたいだったよ! こうして僕はワールドチャンピオンになったんだ!」

家族やファン、スポンサーに対する感謝の言葉も忘れないライコネン。今まで速さはダントツだったものの、何年も運から見放されてきたライコネン。
決して最後まで諦めない姿勢、強い意思の力を、彼から学んだ気がする。
F1とは、やはり人間同士の戦いなのだ。
皇帝ミハエル・シューマッハが去った後、心配されたF1人気は下降しているどころかますます上がっているのではないだろうか。
巨人が去った後の超新人の台頭、ライバル達の争い、日本人同士の駆け引き、マシンの技術革新、数々の人間ドラマ。。
スーパーアグリのチーム立ち上げまでの苦労話は涙無しには語れないものがあった。
琢磨、亜久里にも感謝したい。トヨタVSホンダの日本メーカー同士の戦いも目が離せない。きっと来年はホンダも浮上してくれるだろう。
F1は今年も素晴らしい世界を我々に見せてくれた。
来年はどんな素晴らしい戦いが展開されるのか、今からとても楽しみだ。

スポンサーサイト
第16戦 中国GP
この中国GPもうっかり見過ごし結局未見。
大事な分け目の決戦だったのに。。
という事で誰か良かったらビデオ貸してください(泣)
一応、レポートだけ簡単にアップ。


10月7日(日)
雨→曇り/ウェットコンディション→ドライコンディション
 
 決勝の開始と同時に雨が降り始めたサーキットは、気温30℃、路面温度31℃のウェットコンディション。
 
 ベッテルが前日の予選中にルノーのコバライネンの走行を妨害したとして、5グリッド降格のペナルティを受け、12番グリッドから17番グリッドに。
スタートが切られると、4番グリッドのアロンソが、3番手マッサを1コーナーでかわしていく。しかしマッサもすぐに抜き返す。
ルイス・ハミルトン、ライッコネン、マッサ、アロンソの順。ハミルトンはファステストラップを次々と更新しながら、2番手ライコネンとのギャップを築いていく。
 
 第2スティントに入ると、路面が徐々に乾いていく。
しかしトップのL.ハミルトンのペースが見る見る落ちていき、ついに29周目にライコネンがハミルトンの前に出る。
ハミルトンは周回遅れのマシンをオーバーテイクすることもできないほどの走行となり、31周の終わりにピットへ向かうがリアタイヤが大幅に痛んでいたせいか、ピットレーンを曲がることができず、グラベルに乗り上げまさかのリタイア。
これがハミルトンにとってF1デビュー以来初のリタイアで、まさかのノーポイントとなった。
 
 代わってトップに立ったライコネンは、二番手アロンソ、三位マッサ、1ストップ作戦のトロロッソのベッテルが4番手、Hondaのジェンソン・バトンが5番手につける。
フェラーリのライコネンは次々とファステストラップをマークし、アロンソとのギャップを約10秒に広げる。
残り周回が少なくなる中、レッドブルのデビッド・クルサードとルノーのコバライネンによる8番手争いが繰り広げられる。
そしてライコネンが逆転優勝のチェッカーを受け、ベルギーGP以来2戦ぶりとなる今季最多勝となる5勝目を獲得。
これが通算14勝目となり、フェラーリにF1通算200勝目をもたらしている。
 
 2位アロンソ、3位マッサが表彰台を獲得。そして自身最高位の4位に追い上げたS.ベッテル、5位は今季最高位でフィニッシュしたHondaのJ.バトン、6位はチームメイトと同じく自己最高位に入ったトロロッソのリウッツィ、7位BMWのニック・ハイドフェルド、そして8位はレッドブルのクルサードと続いた。
日本勢はHondaのバトンが最高位で、トヨタのヤルノ・トゥルーリ13位、SUPER AGURIの佐藤琢磨14位、Hondaのルーベンス・バリチェッロ15位、スパイカーの山本左近が17位で完走。トヨタのラルフ・シューマッハ、SUPER AGURIのアンソニー・デビッドソンはリタイア。
 
 ドライバーズランキングはL.ハミルトン『107』、F.アロンソ『103』、K.ライッコネン『100』とかわり、3名がタイトルをかけて最終戦ブラジルGPに臨むこととなった。
3名のドライバーがタイトルの可能性を残して最終戦を戦うのは、1986年のアラン・プロスト(マクラーレン)、ナイジェル・マンセル、ネルソン・ピケ(以上、ウィリアムズ)以来21年ぶりのこととなる。

第15戦 日本GP
9月30日(日)
雨/ウェットコンディション
 
いよいよ待ちに待ったF1日本GP。
しかしフリー走行こそ晴れだったものの、予選・決勝とも激しい雨と霧。。。
富士スピードウェイは富士山のふもと、かなり標高の高いところにあるので元々雨・霧が多い。
しかも悪い事にその霧は1コーナーの方角から流れて来るのだ。
F1最長のストレートを持つ富士の時速300キロのスピードの最後に待っている1コーナーが霧で全く見えないのだから。。
中止の声が上がるのも当然だろう。
決勝当日は朝から雨が降り続き、路面には水が溜まって早くもトヨタの目算が崩れたか。
気温17℃、路面温度22℃のヘビーウェットコンディション。
万が一の時の為のDr.ヘリコプターもとても飛べない状況で、運営は大いに頭を悩ませた事だろう。
鈴鹿は平地だからそんな事はまず無いのだ。
 
スターティンググリッドに変更があり、ウィリアムズのニコ・ロズベルグが、10グリッド降格のペナルティで16番グリッドへ。
トロロッソのリウッツィはピットスタート。
豪雨のため、決勝はセーフティカー(以下SC)の先導でスタート。この雨で全マシンがエクストリームウェザータイヤ(最も溝の深い雨用タイヤ)の装着を義務づけられていたが、フェラーリにだけ何故かこのメールが届かず通常のウェットタイヤ。これが後々問題に。
結局SC誘導中にそれぞれピットに戻りタイヤ交換、給油を行なうも20番手、21番手と大幅に順位を落としてしまう。
レースは延々20周もSCが入りやっとスタート。ちなみにこのベンツのSCは雨の中ものすごいペースで全くミス無く走り、ベンツの優秀性をこんな所で世界にアピール(笑)

レース開始後すぐにウィリアムズのアレクサンダー・ブルツがスピンを喫し、マッサと接触して、イエローフラッグ。
上位3台は、マクラーレンのルイス・ハミルトンとアロンソ、トロロッソのベッテルに。
22周目、SUPER AGURIの佐藤琢磨がピットストップ時に給油口から炎が吹き上がるが琢磨はそのままスタート。幸い火は消え、佐藤は無事コース復帰。
その一瞬の好判断と勇気に賞賛の声が上がる。
ライコネンは、後方からいつの間にか10番手まで追い上げて来る。
ハミルトンとアロンソがピットへ向かい、何と万年テールエンダーグループのトロロッソのベッテルがトップに(笑)
視界ほとんどゼロの豪雨の中、3番手でコースに戻ったハミルトンとBMWのロバート・クビサが接触するが両者に大きなダメージはなし。
今度はアロンソとベッテルにも接触があり、アロンソはマシンを破損するも、走行を続けていく。
そして悠々ハミルトンがトップに復帰。ライコネンは再度のピットストップでまたしても順位を落としポイント圏外へと散々な走りに。
 しかし終盤42周目、何とアロンソがヘアピン手前で単独でウォールにクラッシュ!破片が飛び散り、再度のSC導入。
アロンソは17戦ぶりのリタイア、ノーポイントに終わり、タイトル争いに大きな痛手。
1位ハミルトン、2位になんとレッドブルのウェーバー、3位トロロッソのベッテルという信じられない順位が実現するが、SC導入中なのになんとベッテルがウエバーに追突し、
両車リタイア。。。何でもハミルトンがタイヤを暖めるための急な加減速を繰り返した為に新人のベッテルが焦りブレーキングのタイミングを間違えたという事だったが、
兄弟チームのチームメイトに折角の表彰台のチャンスを潰されたウエバーは怒り心頭で、ベッテルはひとり物陰で落ち込み泣いていたというウワサ。
そりゃそうだよなぁ。。
 
レースが再開されると、トップのハミルトンは豪雨の中、冷静な走りで一気に後続を引き離していく。トップなら前車の水しぶきの影響を受けないのだ。
2番手はルノーのコバライネン、3番手マッサ、ライコネンは再び4番手まで来た。ここでマッサピットインでライコネンは3番手!一時は20位にまで落ちたのにさすがライコネン!
ハミルトンはそのまま貫禄の走りを見せ、どんどんとギャップを築き、大波乱のレースでポール・トゥ・ウィン。チャンピオン獲得に大きな一歩。というかほとんど確定?
ライコネンはコバライネンを猛追するがわずかに届かず3位。
そしてファイナルラップでのマッサとクビサが激しい6番手争いを演じ、その様子はほとんどマリオカートで笑える笑える(笑)
コーナーごとに抜きつ抜かれつのアツいバトルで最後には最終コーナーでダートに膨らんだマッサが芝を刈りながらも何故かクビサより早くコースに復帰し(笑)そのままゴール。
6位確定。このバトルは本当にすごかった。
以下4位レッドブルのクルサード、5位ルノーのジャンカルロ・フィジケラ、6位フェラーリのマッサ、7位BMWのクビサ、8位トロロッソのリウッツィ。
日本勢は振るわず、Hondaのバリチェロの10位が最高位で、以降HONDAジェンソン・バトン11位、スパイカー山本左近が自己最高の12位、トヨタのトゥルーリ13位、SUPER AGURIの琢磨が15位でそれぞれ完走し、トヨタのラルフ・シューマッハ、SUPER AGURIのアンソニー・デビッドソンはリタイアだった。
アロンソリタイアで、ドライバーズランキングで首位ハミルトンと2位のアロンソの差は12ポイントとなり、早ければ次戦中国GPにもハミルトンが初タイトルを決める可能性が。
ランキング3位のライコネンはハミルトンから17ポイント差で、もはや絶望的か。。。
 
場内でアツいバトルが繰り返されていた頃、今年は初の富士でのF1という事で場内でもあちこちで問題が勃発。
まず1コーナーの臨時観戦席(指定券¥61000)が角度が足りず全くレースが見えなかったという事で、なんと総額¥3億5千万円の払い戻し。
そしてトヨタの運営が手堅すぎたのか横断幕、応援フラッグ禁止処置に非難続出。なのに開会式にはトヨタが用意した巨大フラッグがTVに堂々と映し出されたりして。。
他にも国家斉唱中にトヨタF1だけがエンジン始動とか、渋滞緩和策の「チケット&ライド システム」がバスに乗るのに最長6時間とかかかるケースまで出たとか、バスが遅れてスタートに間に合わなかった人にも払い戻し決定とかでネット上は非難轟々、しまいにはトヨタの社長がHP上で謝罪文を載せるほどの事態に。

トヨタは日本の基幹産業である日本自動車産業界のトップを走る優秀な企業で、今やアメリカ企業までが成功のモデルケースとして見学に来るぐらいの会社なのだから、来年どのように今回の失敗を挽回して「改善」してくるのか、今から楽しみだ。
第14戦 ベルギーGP
うっかりTV放映を見逃してしまったので未見なのですが。。

穴があいても何なので他を参考にレースリポートだけを以下に。
誰かビデオ持ってませんかね(笑)


9月16日(日)
晴れ時々曇り/ドライコンディション
 
 ヨーロッパラウンドを締めくくるベルギーGPの決勝日、青空も見えるサーキットは気温21℃、路面温度34℃のドライコンディション。
 SUPER AGURIのアンソニー・デビッドソンはピットスタート。
 
 最前列フェラーリの2台はスムーズにスタートを切り、その後方でマクラーレン・メルセデスの2台がサイド・バイ・サイドの接近戦。
ルイス・ハミルトンはコースオフを喫するも、4番手のポジションを守りきってコースに復帰。
トップのキミ・ライコネン、マッサはそれぞれファステストラップを更新しながら周回を重ねていく。
 
第2スティントに入ると、フェラーリ勢とマクラーレン勢の差が15秒まで開く。4番手のL.ハミルトンは3番手F.アロンソのペースについていけない。
最後のピットストップを遅らせることでF.アロンソの前に出たかったL.ハミルトンだが、順位を上げることはできなかった。
F.マッサは34周目にファステストラップをマークする勢いでK.ライコネンの背後2秒以内に迫るが、順位は変わらず、ライコネンがポール・トゥ・ウィンでベルギーGP3連覇、第9戦イギリスGP以来5戦ぶりの今季4勝目、通算13勝目を決めた。
フェラーリはライッコネン、マッサの順で2戦ぶり今季3度目のワン・ツーフィニッシュ。
アロンソはハミルトンに10秒近くの差をつけ3位を守った。
4位に終わったハミルトンのドライバーズポイントは『97』となり、アロンソ『95』、ライコネン『84』で、アロンソはハミルトンに2ポイント差まで詰め寄っている。
ライコネンは13ポイント差で辛うじてタイトル争いに踏みとどまった。

日本勢はトヨタのラルフ・シューマッハ10位、ヤルノ・トゥルーリ11位、Hondaのルーベンス・バリチェッロ13位、SUPER AGURIの佐藤琢磨15位、アンソニー・デビッドソン16位、スパイカーの山本左近17位でそれぞれ完走を果たし、Hondaのジェンソン・バトンはレース終盤にリタイアに終わった。

なお、コンストラクターズタイトル争いでは、スパイ事件でマクラーレンのコンストラクターズポイント剥奪との裁定が下されているため、代わって首位に立ったフェラーリが『161』、2位BMWザウバーは『90』となり、3戦を残してフェラーリの2004年以来3年ぶり通算15度目のコンストラクターズタイトル獲得が決定した。

第13戦 イタリアGP
9月9日(日)
晴れ/ドライコンディション
 
 週末を通じて晴天が続き、決勝スタート時の気温は28℃、路面温度は34℃のドライコンディション。
 
 ポールポジションはマクラーレンのアロンソ。以下2番手マクラーレン、ルイス・ハミルトン、3番手はフェラーリ・マッサ、5番手はフェラーリのライコネン。
 
 2周目、レッドブルのデビッド・クルサードのフロントウィングが破損、クラッシュ、ここでセーフティーカー導入。
 その直後にマッサがリタイア。地元フェラーリは、早くも1台が姿を消す。
 その間、マクラーレンの2台は後続との差を広げるが、21周目にライコネンが暫定首位に浮上。
 長めの給油で1ストップ作戦確実。
 43周目、ハミルトンが1コーナーでライコネンのインに飛び込み、オーバーテイク!
この間にアロンソは、そのままトップでコースに復帰。
危なげない走りでリードを守り、チェッカーを受けた。
 
 アロンソはイタリアGP自身初勝利。2位はルイス・ハミルトン、3位はフェラーリのライコネン。
 そしてホンダのジェンソン・バトンが8位に入り、今季2度目のポイントを獲得。
 ルーベンス・バリチェッロも10位で、Hondaは2台そろって上位10位以内で完走。
SUPER AGURIはデビッドソン14位、佐藤琢磨16位。
序盤に琢磨とバトルを展開したスパイカーの山本左近も20位完走。
 
 ドライバーズポイントでは、首位L.ハミルトンと2位F.アロンソとの差は5ポイントから3ポイントに接近。
K.ライコネンは3位に浮上したものの、L.ハミルトンとの差は18ポイントに拡大。
リタイアに終わった4位F.マッサは、首位から23ポイント差で今期のチャンピオンシップは絶望か。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。